日本語教師資格の疑問質問
日本語教師 養成講座420時間(通信教育/通学)資格トラブル予防のための質問集
<< オンライン日本語教師養成講座とは? | 日本語教師養成講座Top Page | 適性や通信講座に向いていない人:日本語教師養成講座 >>
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
|-|スポンサーサイト|Top Q
「日本語教師養成講座420時間(修了)」を英語/英訳で何という?
Q.質問:「英文履歴書を作成中です。資格のところに『日本語教師養成420時間講座 修了』と英語で書きたいのですが、英語ではどのように書けばいいのでしょうか。」
解答:
the 420 hour Advanced Skills of Teaching Japanese Language Course
とか、
the 420 hour of Teaching Japanese Language Course
...と表記されているのが一般的です。
文章の中で取り入れる場合は、
I have completed(mastered) the studies for the 420 hour Advanced Skills of Teaching Japanese Language Course conducted by the (XXX Academy:学んだ学校名).
などと表記できます。
ちなみに、当日本語教師養成420時間講座を修了した場合は、元々 修了証が英文と日本語が併記されてますので、その修了証のコピーでも初回の履歴書や職務経歴書と一緒に、雇用先(日本語教師募集採用機関)へ提出しておけば、手っ取り早いです。
(参考)
→[ 日本語教師養成講座420時間 修了証 サンプル ]
→[ 日本語教育能力検定試験を英語で訳すと何と言う?英訳/英名は? ]
【日本語教師資格】「日本語教師養成講座420時間(修了)」を英語/英訳で何という?|Top Q
スポンサーサイト
|-|スポンサーサイト|Top Q
疑問質問の種類
アクセスの多い疑問・質問
質問集最近の質問
PRPR
日本語教師養成講座Qの先頭へ